【イビサクリームの口コミ】デリケートゾーンの黒ずみに衝撃の効果?

イビサクリームはデリケートゾーン用の薬用無添加黒ずみクリームですが、実際のところ効果はあるのか?イビサクリームの口コミ評価から美白効果や成分の安全性・効果的な使い方・最も安い価格で買う方法など黒ずみ解消のための情報をガイドします。やらせの口コミも沢山あるのか?必見です!

【イビサクリームの効果】成分や特徴から効果が出るまでの期間を検証

更新日:

<バナー>

イビサクリームが効果的な理由を検証!


イビサクリームはデリケートゾーンの黒ずみ対策用に作られた医薬部外品の黒ずみクリームで、多くの女性に人気の黒ずみクリームですが、その効果はどのような働きによって実現できているのでしょうか?

イビサクリームに配合されている成分には「肌を整える働き」と「メラニン発生を抑制する働き」があり、この2つの働きによって黒ずみの予防・改善に高い効果を発揮します。

では、そんなイビサクリームの黒ずみに対する各働きについて、そのメカニズムや成分の特徴から詳しく見て行きましょう!

イビサクリームはメラニン生成を抑制し色素沈着を防ぐ!


デリケートゾーンやビキニラインなどの肌にできる黒ずみは、外部からの刺激やホルモンバランスの乱れによってメラニン生成が促進され、生成されたメラニンが肌を守ろうと皮膚に色素沈着を起こしてしまう事が原因となって引き起こされます。

イビサクリームに配合されている有効成分の中には、そのメラニン生成を抑制し、肌が色素沈着を起こさないように働きかける成分が配合されています。

その有効成分の働きによって刺激や乾燥によって肌がダメージを受け、それが原因で黒ずみができるのを根本から予防する事ができるのです。

黒ずみを予防・改善するためには、まずはメラニン生成を抑制することで「黒ずみができにくい状態へ導く」という事がまずは大切ですので、イビサクリームは黒ずみの予防に対してはメラニン生成を抑制する働きによって実現しています。

トラネキサム酸と美肌サポート成分がメラニン抑制のカギ!

では、メラニン生成を抑制する働きはどのような成分によってもたらされているのか?

イビサクリームには美白成分として「トラネキサム酸」と「美白サポート成分」が配合されています。

トラネキサム酸は、薬用成分として認定されており、「メラニン生成を抑え、シミ・そばかすなどのくすみを防ぐ働き」があり、トラネキサム酸が配合されていると「医薬部外品」として認定されます。

また、美白サポート成分には「党参抽出物エキス・カモミラエキス・アルピニアカツマダイ種子エキス」が配合されており、これらの成分も「メラニン生成を抑える働き」があるため、これらの「抗黒ずみ成分」の働きによってイビサクリームは黒ずみに対する高い予防効果を発揮する事ができるのです!

イビサクリームは肌を整え黒ずみの排出を促す!


イビサクリームに配合されている成分の働きには、「メラニン生成を抑制し黒ずみを予防する働き」だけではなく、色素沈着を起こし黒ずんでしまった肌を整え、バリア機能を高めることで「新陳代謝を促しすでにできてしまっている黒ずみの排出を促す働き」もあり、すでにできてしまった黒ずみを普通よりも早く改善させる手助けをしてくれます。

メラニン生成を抑制して黒ずみを予防する働きは、次にできて来る黒ずみを防ぐことができるので、大切な働きですが、同時に、今ある黒ずみを速やかに排出させることができなければ、効果を実感するのに時間がかかり、「使っても使わなくても変わらないのでは?」と不安になってしまいます。

イビサクリームには「黒ずみの予防効果」だけでなく「肌を整え黒ずみの速やかな排出を促す効果」にも期待できるので、このダブルの働きによって効率よく黒ずみケアを行っていくことができるのです。

グリチルリチン酸2Kと糖化ケア成分が肌を健やかに!

イビサクリームが「肌を整え黒ずみの速やかな排出を促す働き」を実現する事ができているのは、肌を整え新陳代謝を促進させる成分である「グリチルリチン酸2K」と、若さや美しさを維持する「糖化ケア成分」が配合されているからです。

「グリチルリチン酸2K」には「肌を整える・肌荒れを防いで鎮静化させる」という効果が認められており、トラネキサム酸と同様、薬用成分で効果効能を記載することが許されている成分です。

肌を整え、新陳代謝の乱れを改善することによって、今ある黒ずみの排出をスムーズにしてくれます。

そして、糖化ケア成分には「サクラ葉抽出液・ウメ果実エキス・大豆エキス」が配合されており、肌のバリア機能のサポートや炎症を抑えてくれる働きによって、さらに肌の状態を健やかに保ってくれるので、グリチルリチン酸2Kと共に肌を健やかな状態に保つことで外部の刺激から肌を守り、同時に黒ずみの排出を促して効果的に黒ずみケアを行っていけるのです。

8種のうるおい成分で肌ダメージをケア!

また、イビサクリームには肌を保湿し、肌のバリア機能を高めて黒ずみをできにくくしてくれるという効果にも期待できます。

イビサクリームに配合されている「ステアロイルフィトスフィンゴシン・天然ビタミンE・乳酸ナトリウム液・ローズ水・水添大豆リン脂質・グリセリ・1,2‐ペンタンジオール・BG」の8種のうるおい成分には、肌を保湿し、外部の刺激から肌を守る「バリア機能」をサポートする働きがあります。

ダメージが蓄積されたデリケートゾーンにうるおいを与え、みずみずしく滑らかな肌へと導きます。

イビサクリームはこれらの有効成分の働きによって「メラニン発生を抑制して色素沈着を防ぐ」「肌を整え・肌荒れを防ぎ、肌の新陳代謝を促す」「肌を保湿しバリア機能を高める」という効果に期待でき、効率よく、効果的に黒ずみケアを行っていくことができるのです!

\まずはイビサクリームを試してみる!/

イビサクリームが効くのはデリケートゾーンの黒ずみだけじゃない!?


イビサクリームはデリケートゾーン専用の医薬部外品の黒ずみケアクリームですが、デリケートゾーン以外の体の至る部分に使用でき、症状に対しても、体の黒ずみだけでなくそのほかの症状にも効果的に使用していくことができます。

ここからは各部位や症状に対するイビサクリームの効果について詳しくご紹介していきますので、気になる部位の黒ずみだけでなくそのほかの部位や症状に対しても一緒に使っていき、効率よく黒ずみケアを行っていってください!

イビサクリームでアトピー跡もキレイにできる?


アトピー跡は、アトピーによって肌が炎症を起こしたことで肌が荒れ、その刺激から肌を守ろうとメラニンが過剰に発生することが原因となって、治った跡が黒ずんでしまっている状態です。

ですので、炎症が治まって後だけが残っている状態のアトピー跡であれば、イビサクリームは有効に使用していくことができます。

イビサクリームのメラニンを抑制する働きと、肌を整え健やかな代謝を促進することによって効果的にアトピー跡の改善をサポートしていくことができるでしょう!

ただ、アトピー跡でも、まだ炎症が起きているものや、重度のアトピーでイビサクリームのようなケア製品自体を使用できない状態である場合は、イビサクリームで効果的にケアしていくことは難しいので、まずはアトピーの症状を抑えるためにお医者さんに行くなどしてアトピー対策をしてから使用するようにしましょう。

アトピーの方は肌のバリア機能が著しく低下しているので、どちらにしても使用前にはパッチテストも行うなどして安全にイビサクリームを使用していけるかどうかを確認してから使用していくことをおすすめします。

イビサクリームで日焼けあとの改善は可能?


日焼けあとは紫外線の影響によって肌内部でメラニンが過剰に発生する事によって引き起こされる症状ですが、イビサクリームはそのような日焼けが原因の色素沈着に対しても重度の日焼けあとでなければ有効に使用していくことができます。

イビサクリームには肌を整え新陳代謝をうながす働きがあるため日焼けによって肌が色素沈着を起こしてしまっている状態を通常より早く改善させる事ができるのです。

ただ、「日焼けによるメラニン色素の発生を予防改善」といっても、紫外線による日焼け自体を予防する働きはないため、紫外線対策には日焼け止めなどをきちんと使って対策していくようにしましょう。

イビサクリームが使用できるのはあくまでも「日焼けあとのケア」だけと覚えておいた方が良いでしょう。

日焼けによるシミや炎症などのを予防改善する効果には残念ながらあまり期待できませんので、イビサクリームを日焼け対策やケアのメインで考えるのはあまりおすすめではないのです。

イビサクリームで傷跡対策はできる?

イビサクリームは傷が治った後に黒ずんでしまっている部分に対しても使用する事ができ、有効に使用していけます。

ただ、症状によりケアできるものと全く無理なものがありますので、注意してください。

例えば重度のものは手術でしか改善しない場合もあるので、「イビサクリームは傷跡に効果的だ!」という事は必ずしも言えるものではありません。

傷跡には専用の物を使うなどして、イビサクリームはあくまでもサポート程度で使うようにしていく方が良いでしょう。

イビサクリームは妊娠線や肉割れケアにはおすすめ!


イビサクリームは、傷跡の中でも妊娠線や肉割れには効果的に使用していくことができ、正中線の予防や早期改善に効果的です。

妊娠線や肉割れは皮膚が張り過ぎてしまう事で皮膚表面に裂け目ができて後になってしまうものですが、イビサクリームは肌を整える働きがあるため妊娠線や肉割れのケアに対して有効に使用していけるのです。

イビサクリームを実際に使用した方の口コミには、妊娠中で妊娠線ができる前から使って妊娠線の予防のために使用している方もいましたので、そういった方法でもイビサクリームを使用していくのはおすすめと言えます。

イビサクリームは臭い対策には期待薄!


イビサクリームには抗菌作用のある成分も配合されているため、臭い対策にも使えそうな印象ですが、その効果は微力です。

デリケートゾーンや脇の臭いは様々な原因が元となって引き起こされているものです。

イビサクリームで乾燥を防いだり少し抗菌したりしたところ、大きな効果は見込めないでしょう。

ただ、全く効果が無いわけではありませんので、「黒ずみケアをしながらついでに」位の感覚であれば、おまけ程度で効果を実感できるかもしれませんね。

臭い対策ならイビサソープ・デオドラントとの併用がおすすめ

イビサクリームを使いながら臭い対策もしっかりしていきたいとお考えの方は、臭い対策専用に作られたイビサソープやイビサデオドラントを並行して使用していくことがおすすめです。

イビサクリームは黒ずみの予防改善効果はあっても、消臭効果まで考えて作られていません。

イビサソープとイビサデオドラントは、デリケートゾーンの臭い対策のためだけに作られた製品ですので、もしも臭い対策も行っていきたいとお考えであれば、これらで一緒にデリケートゾーンケアを行っていくことで効率よくデリケートゾーンのケアをしていけることでしょう!

イビサクリームは顔に使用できる?美白効果を検証


顔のシミやそばかす、くすみに対してもイビサクリームは使えるのか?

イビサクリームで全身の黒ずみケアをしていきたいとお考えの方であれば、イビサクリームが顔に対しても使用できるかは気になるところなのではないでしょうか?

実はイビサクリームは顔の黒ずみやくすみに対しても有効に使用していくことができますが、顔のシミやそばかす用に作られているわけではないため、顔のシミケアには専用の美白化粧品を使うのが無難です。

シミ対策にはメインではなくあくまでもイビサクリームは「ついでに使う程度」で使用していく方が良いでしょう。

黒ずみケアクリームとシミ用美白クリームの違い


顔のシミやそばかすに対してイビサクリームを使用する事を考えると、効果的には顔のシミ用の美白クリームとどのような違いがあるのかは気になるポイントなのではないでしょうか?

黒ずみクリームとシミ用美白クリームは、メラニン発生を抑制し、肌の新陳代謝を促すという働きとしては同じですが、どのような刺激から肌を守るのか?という部分が少し異なり、肌に対する効果もすこし異なってきます。

ですので、顔のシミやそばかすに対してもイビサクリームを使いたいという方のために、ここでは黒ずみクリームとシミ用美白クリームの違いについて、少し詳しくご紹介しておきます。

黒ずみケアクリームは「蒸れや刺激・乾燥」から肌を守る

黒ずみクリームには「衣類との摩擦・蒸れなどの刺激や乾燥から肌を守る」という役割があり、主に体の黒ずみ対策のために使用します。

衣類との摩擦やその他の外的な刺激によるメラニン発生を防ぎ、色素沈着をしないように予防して行くのが主な働きです。

ですので、黒ずみクリームは「紫外線対策」の事を考えて作られているわけではないため、体の黒ずみケアに特化した働きになっているので、顔のシミや視ッ輪に対してはあまり効果的だとは言えないのです。

シミ用美白クリームは「紫外線や乾燥」から肌を守る

シミ用美白クリームは、黒ずみクリームとは働きが少し異なり「紫外線や乾燥による刺激から肌を守る」という役割があります。

配合されている成分の特徴も各働きに有効な成分が配合されているため、使用用途が黒ずみクリームとは異なってくるのです。

ですので、顔などのシミやそばかすにはシミ用美白クリームの方が有効でしょうし、デリケートゾーンや肘膝などには黒ずみクリームが有効です。

全身の黒ずみ・シミケアをしていきたいという方は、ぜひ黒ずみクリームと美白クリームを使い分けて、全身の黒ずみ・シミをして行きましょう。

イビサクリームでニキビ跡も改善できる?


ニキビ跡は、炎症が原因となってメラニンが過剰発生し、それによってニキビができた箇所が黒ずんでしまう事でシミのように跡が残ってしまうものですが、

そういった症状に対してもイビサクリームは有効で、色素沈着が起きてしまった肌の改善を促し、新たにメラニンが生成されるのを防ぐことで肌がくすんでしまうのを防いでくれるのです。

ただ、ニキビがひどく、クリームを塗ると油分過剰でニキビが悪化してしまう可能性のある人はあまり使わない方が良いので注意が必要です。

乾燥肌で過去にできたニキビ跡がなかなか治らないという方であればイビサクリームは保湿効果もあるためおすすめできるので、あなたの肌質に合わせた処置方法で、イビサクリームが使用できそうと判断した場合は使用していくとよいでしょう!

イビサクリームは毛穴の黒ずみには効果が無い!


残念ながら、イビサクリームは顔の鼻などにできた毛穴の黒ずみに対しては美白効果を発揮してくれません。

毛穴の黒ずみはメラニン発生によって色素沈着を起こす事が原因ではなく、皮脂が過剰に分泌され毛穴が詰まり、汚れや詰まった皮脂が角栓になって酸化する事などによって黒くなっているものですので、残念ながらイビサクリームでケアしたところで改善は見込めないのです。

毛穴の黒ずみをケアしていきたいのであれば、黒ずみクリームではなく、毛穴の黒ずみ用の洗顔やスキンケア商品を使ってケアしていくのがおすすめです。

イビサクリームで目のクマ対策!?効かないクマと効くクマがある?


イビサクリームで目のクマを対策をしていきたいとお考えなのであれば、まずはクマの種類について詳しく理解する必要があります。

イビサクリームは特定のクマのケアには有効ですが、それ以外のクマには残念ながら効果を発揮してくれません。

目のクマには3つの種類があり、青クマ・茶クマ・黒クマの3種類があります。

イビサクリームはこの中の青クマと黒クマには効果を発揮せず、残念ながら使ったところで無駄に終わってしまう事でしょう。

そもそも青クマは目の周辺の血行不良が原因となって、薄い皮膚の下で血液の色が目立ち引き起こされるものですので、そもそも黒ずみではません。

黒クマに関しては、加齢によって目の周辺がたるみ、そのたるみによって毛穴が開いたりすることで目立った状態になってしまうものです。

ですので、黒クマの場合もイビサクリームの働きでは無意味に終わってしまうのです。

イビサクリームは色素沈着が原因の「茶クマ」には有効!

イビサクリームが唯一効果的なクマは、色素沈着が原因の「茶クマ」で、色素沈着を起こしてくすんでしまっている部分に働きかけることで、効果的に茶クマを改善していくことができます。

茶クマは、目をこすったりメイクによって目の周りに刺激を与えてしまう事によって引き起こされてしまう症状ですが、イビサクリームはこのような刺激が原因でできる色素沈着に対しても有効に使用していくことができるのです。

これ以上あまり刺激を与え続けないという事も重要にもなりますが、イビサクリームでくすみケアをしていくことで、通常よりかは早く改善を見込めるでしょう。

ただ、クマに使用する場合は、目に入ってしまう可能性があるので、細心の注意を払って使用していく必要があります。

あまりにも目に近い部分である場合は、残念ながらあまり使用をおすすめできませんので、他の手段でケアしていくことがおすすめです。

イビサクリームは全身に使用可能!?


イビサクリームはデリケートゾーンの黒ずみケアのために作られたクリームですので、デリケートゾーン以外の部分の黒ずみに対しても使用していくことができるのかはとても気になるところ。

イビサクリームはデリケートゾーンの黒ずみ用に作られてはいますが、実は全身の黒ずみが気になる部分に使用していくことができます。

ですが、各部位によって黒ずみのできる原因や効果的な対策方法は多少異なりますので、各部位の詳しい黒ずみの原因や各部位に対するイビサクリームの効果をしっかりと理解した上で使用していきたいところです。

ここからは、そんな各部位の黒ずみの原因として考えられるものや、各部位に対するイビサクリームの効果について詳しくご紹介していきます。

ぜひあなたの悩んでいる部位の黒ずみの原因・対策をしり、他の部位の黒ずみに対しても理解したうえで是非とも一緒に黒ずみケアをしていけるようにしていきましょう!

肘・膝の黒ずみに対してイビサクリームは使用できる?


イビサクリームはデリケートゾーンだけでなく肘や膝のザラザラした黒ずみに対しても有効に使用していけます。

肘や膝の黒ずみは、デリケートゾーンの黒ずみとは原因が少し違い、肌の質も違う事から、イビサクリームが効果あるのかは疑問に思うところですが、黒ずみの原因となるメラニン生成を抑制し、患部を保湿してケア・新陳代謝を促進させる働きがあることから有効に使用していくことができるのです。

ひじや膝の黒ずみに対しては、黒ずみができる根本的な原因について詳しく理解することで、黒ずみ対策をしていけるものですので、ぜひ原因について詳しく理解し、対策していってください!

肘・膝に黒ずみができる原因は「圧迫・摩擦・乾燥!」

肘や膝の黒ずみは、よく肘膝を地面や机について圧迫したり摩擦で刺激を受けたりすることでできてしまいます。

改善していく場合はできる限り肘膝をつかないように心がけて、日ごろから肘膝に対する刺激を減らして行くことが重要となります。

ぜひ常に意識しながら肘膝の黒ずみを予防・改善させていきましょう。

肘・膝の黒ずみにはイビサクリームは有効!

肘や膝の黒ずみの対策には、まず肘膝をつくクセなどを治して、刺激をこれ以上与えないことが最も重要ですが、それと同時にイビサクリームなどの黒ずみ対策クリームを使って黒ずみを予防・改善させていく事が有効となります。

イビサクリームは刺激によって発生するメラニンを抑制する働きや肘や膝が乾燥しないように保湿して肌を守る働きがあります。

ですので、日ごろからイビサクリームを使いながら肘膝をつくクセを治していくことで、徐々に肘膝の黒ずみを改善していくことができるでしょう!

「原因となる刺激を減らす」・「黒ずみの発生を防ぐ」・「肌を守る」という3つの働きによって効果的に肘膝の黒ずみを予防・改善していけるのです。

イビサクリームは胸にも効果的に使用できる?


イビサクリームはデリケートゾーンの黒ずみに対してだけでなく、胸(バストトップなど)の黒ずみに対しても有効で、効果的に使用していくことができます。

胸の黒ずみに関しては、デリケートゾーンの黒ずみができる理由と少し似ていますが、肌質などはやはり違うため、その効果の出かたにも少し差が出るようです。

胸の黒ずみはブラとの摩擦や締め付けが原因!

胸の黒ずみは主にブラとの摩擦や締め付けが原因で、サイズの合わないブラをつけていたりすると黒ずみやすくなってしまいます。

ブラのサイズが大きいと、バストトップが擦れ、その刺激によってメラニン発生を促進させてしまい、バストトップが黒ずんでしまうのです。

ただ、サイズが大きい場合だけでなく、サイズが小さい場合に関しても、胸は締め付けや蒸れによって肌はダメージを受けてしまうので、ブラのサイズは自分に最も合ったサイズを着用する方が良いでしょう。

バストトップの黒ずみケアにもイビサクリーム!

胸やバストトップの黒ずみの対策には、ブラのサイズを自分に合ったものにして、締め付けや擦れをなくしていくことが大切ですが、イビサクリームも一緒に使って黒ずみを予防改善していくことで、効果的に黒ずみケアを行っていくことが可能です。

イビサクリームを使用することで、摩擦によって受けるダメージでメラニンが発生するのを抑制し、黒ずみができにくくする事ができますし、保湿して肌を整える事で、受けるダメージに対して対策していくことができるのです。

胸の黒ずみ予防を効果的に行っていくために、まずはブラを自分自身に合ったものに変えるとともにイビサクリームで黒ずみケアをしていきましょう!

イビサクリームで脇の黒ずみケアも可能?


イビサクリームは、デリケートゾーンや肘膝・胸の黒ずみだけでなく、脇の黒ずみに対しても使用していくことができます。

脇の黒ずみは、他の黒ずみとはできる原因が異なり、ケア方法に関しても簡単には対策していくことができないのが特徴です。

しっかりと原因と対策を知り、黒ずみケアをしていかないことには残念ながらなかなか改善が見られない厄介な部位ですので、原因や対策について正しく理解して、黒ずみケアを行っていきましょう

脇の黒ずみは脱毛やムダ毛処理の時に受ける刺激が原因?

脇の黒ずみの原因は、主に脱毛やムダ毛処理の時に受ける刺激によってメラニン発生が促進されることです。

気になる脇のムダ毛を、脱毛やカミソリによって処理しようと肌にダメージを与え過ぎてしまう事で皮膚が黒ずんでしまうのです。

脇の黒ずみを引き起こさないようにするためには、ムダ毛処理の際に細心の注意を払い、脇に対して極力刺激を与えないという事が大切です。

脱毛やカミソリによるムダ毛処理の前後でしっかり肌をケアしていくことで黒ずみができるのを防いでいく必要があるのです。

脇の黒ずみの予防・対策もイビサクリームで効果的に!

脇の黒ずみを予防していくためには、ムダ毛処理の際の刺激を最小限にし、黒ずみケアを行っていく必要がありますが、イビサクリームを脱毛やムダ毛処理の前後などに塗って使用していくことで、効果的に脇の黒ずみの予防・改善の促進を促す事ができます。

イビサクリームを塗っていれば大丈夫というものではありませんので、脱毛時の刺激には最大限に注意しながらイビサクリームを使用していく必要はありますが、イビサクリームで、メラニン生成を防ぎ、ダメージを受けた肌を整え、保湿していくことで、効果的に黒ずみをケアしていくことができるのです。

脇の黒ずみを改善したいとお考えの方は、是非とも「ムダ毛処理時の刺激を減らす工夫」と「イビサクリームで黒ずみの予防」を行いながら黒ずみケアをしていってみてくださいね!

イビサクリームはデリケートゾーンの黒ずみに最も効果的!


イビサクリームはデリケートゾーンの黒ずみケアのために作られたクリームという事もあり、デリケートゾーンの黒ずみを引き起こす原因に対して総合的に効果を発揮してくれます。

ですので、他の肘膝やバストトップ・脇などの部位よりも有効に使用していくことができるのです。

先ほどご紹介した部位の黒ずみは、主に乾燥や刺激によって引き起こされ、デリケートゾーンの用に粘膜部分などの敏感な部分が無い部位でしたが、デリケートゾーンは粘膜部分や皮膚の薄い部分があるため非常にデリケートで、刺激のとても少ないクリームでしかケアしていくことができません。

ですが、イビサクリームはそのような特殊な部位に対して使用するものだからこそ、デリケートゾーンの環境に最も適した処方で作られているので、効果や安全性に対して大いに期待しながら黒ずみケアしていくことができますね!

デリケートゾーンにできる黒ずみは下着との摩擦と蒸れが原因!?

デリケートゾーンの黒ずみは、下着との摩擦や蒸れなどが原因で引き起こされます。

サイズの合っていない下着や刺激の強い素材の下着を使ったり、または不衛生でデリケートゾーンを綺麗に保っていないことが原因となってデリケートゾーンが蒸れたりして、黒ずみを引き起こす原因となってしまう場合があるのです。

また、デリケートゾーンを洗う際にゴシゴシと強く洗ってしまったり、刺激の強い洗浄料を使用している場合にも黒ずみができやすくなってしまいます。

デリケートゾーンの黒ずみを予防し・改善していきたいのであれば、まずはこのような、ゴシゴシ洗って刺激を与える洗い方や刺激の強い洗浄料、サイズの合わない下着や肌に刺激を与える素材の下着を使うのを辞め、刺激によってメラニンが生成されてしまうのを防ぎ、イビサクリームでケアしていくことで効率よく黒ずみケアを行っていきましょう!

\まずはイビサクリームを試してみる!/

イビサクリームはメンズの黒ずみに対しても有効なのか?


イビサクリームは女性のデリケートゾーンの黒ずみのために作られた黒ずみクリームですので、男性からすると男でも使えるかは気になるところですが、イビサクリームは男性でも問題無く使え、気になる黒ずみをケアしていくことができます。

イビサクリームには肌を刺激から守り、メラニン発生を抑制する働きがあるため、男性に対しても効果的に黒ずみ予防をしていくことができるのです。

では、男性の黒ずみはそもそもどういったことが原因となって引き起こされているのでしょうか?

男性の黒ずみの原因や対処法について、ご紹介していきますので、ぜひ男性の方は黒ずみの原因や対処法を知った上でイビサクリームを効果的に使って黒ずみケアを行っていってください。

男でも脇の脱毛をしている人は黒ずみに要注意!

最近では男性でも脇の脱毛をしている人は増えてきており、脱毛やムダ毛処理による刺激が原因で脇などに黒ずみができてしまう人も増えています。

脱毛やムダ毛処理の際に肌にダメージを与えてしまうと、刺激から肌を守るために肌ではメラニンが過剰に発生します。

脇の黒ずみは主に脱毛の刺激などによって引き起こされることが多いので、脱毛やムダ毛処理を行っている男性は脱毛やムダ毛処理による刺激で黒ずみができないように注意しながらケアを行っていく必要があるのです。

男のデリケートゾーンの黒ずみは下着によるもの?触り過ぎ?

男性でもデリケートゾーン(陰部など)の黒ずみに悩んでいる方はいますが、男性の場合も女性と同じように下着との擦れや蒸れなど原因となって黒ずみができてしまいます。

ただ、男性の場合は触り過ぎ(オナニー)などが原因となっている場合もあり、陰部に刺激を与え過ぎてしまっていることで黒ずみができている事もあります。

このようなことが原因の男の黒ずみに対してもイビサクリームは有効なので、触り過ぎや摩擦をできるだけ避けながらイビサクリームで黒ずみケアを行っていくことで効率よく黒ずみをケアしていくことができるでしょう。

男の毛穴の黒ずみにもイビサクリームは効かないので注意!

男性の黒ずみの悩みの中で多い悩みが「毛穴の黒ずみ」ですが、黒ずみは黒ずみでも毛穴の黒ずみに対してはイビサクリームは有効ではないので、使用はおすすめできません。

毛穴の黒ずみには毛穴の黒ずみ用のケア製品を使っていきましょう。

イビサクリームの効果を実感できる期間はどれくらい?


イビサクリームを使って黒ずみをケアしていきたいとお考えの方からすると、イビサクリームの効果を実感できる期間はどのくらいかは気になるポイントなのではないでしょうか?

ただ、イビサクリームの効果を実感できる期間には個人差があります。

黒ずみを改善させるためには、黒ずんだ皮膚が完全に生まれ変わる必要があるのですが、肌の生まれ変わりは20歳で28日間、それ以降は年をとるごとに生まれ変わる期間が遅くなっていくので、若い方のほうが早く効果を実感できるのは間違いありません。

ただ、生活習慣や患部への刺激の有無などによっても効果の出かたには差が出るので、正しい使い方でイビサクリームを使用していくことで、より早く黒ずみを改善していきたいところです。

イビサクリームは何ヶ月くらいで効果を実感できた人が多いの?

イビサクリームを実際に使用した方はどのくらいで効果を実感できた人が多いのか?

実際にイビサクリームを使用した方の口コミを見てみると、1ヵ月から3ヶ月ほどで黒ずみの改善効果を実感したという方が多く、肌の生まれ変わる期間から考えても、やはり1ヵ月~3ヶ月程はきちんと使ってみて効果を見て行った方が良いでしょう。

イビサクリームの定期購入は2回の購入がお約束となっていますが、肌が生まれ変わる期間はきちんと使ってケアしていった方が良いからこそ、この期間が設けられています。

ですので、最低でも2回、もしくは3回分(3ヶ月分)は使用したうえで効果を見て、その後もしも効果を実感できなければ、最悪解約するようにするなど、ある程度はきちんとイビサクリームを使用してから効果の有無を判断していきたいところです。

イビサクリームの即効性には期待し過ぎない方が良い

イビサクリームを実際に使用した方の口コミの中には、数週間や1ヵ月ほどで効果を実感できたという方もいますが、効果の出かたには個人差があり、肌の生まれ変わりの期間を考えると即効性にはあまり期待しないで使用していく方がいいでしょう。

イビサクリームは使ってすぐに黒ずみが治るというわけではなく、黒ずみができるのを予防しながら肌の生まれ変わりを促進させて改善していくというものです。

ですので、口コミの中でも効果を実感できた人が多かった、2ヶ月~4ヶ月程の期間は使用して、じっくりと黒ずみの改善度合いを観察しながらイビサクリームを使用していくようにしましょう!

\まずはイビサクリームを試してみる!/

イビサクリームで効果ない事ってあるの?


イビサクリームは黒ずみの予防・対策に対して有効な成分が配合されているので、使用することで、何もしない場合に比べるとイビサクリームを使っている方が黒ずみの改善には期待ができます。

ただ、口コミなどを見ていると「効果がない・効かない」なんて口コミも少数派ではありましたが見つかりました。

イビサクリームの効果の出かたには個人差があり、またイビサクリームの使い方や使用頻度、使用期間によっても実感できる効果は変わるので、効果が無かったという方はそういったことが原因で黒ずみに対する効果を実感できなかったのかもしれませんね。

イビサクリームは効果なしという方が効果を実感できなかった理由

イビサクリームを実際に使用した方の口コミなどを見ていると「効果がない・効かない」なんて口コミも少数派ではありましたが見つかりました。

ではどのようなことが理由でその方達は効果を実感する事ができなかったのでしょうか?

あなたがイビサクリームで効果を実感できずに失敗してしまわないように、イビサクリームを実際に使用した方の口コミから分かった「効果の出ない理由」について、詳しくご紹介していきます。

イビサクリームの使用方法が悪かった

イビサクリームの効果を実感できなかった方のなかには、イビサクリームの使い方が悪く、残念ながら効果を実感する事ができなかったという方がおられます。

黒ずみを早く治したいがためにゴシゴシと塗り込んで使用していたり、ケチって使用量が少なかったりしたことで本来のイビサクリームの効果を発揮する事ができずに効果を実感できなかったようです。

イビサクリームを使っていても、ゴシゴシと刺激を与えてしまっていては逆に黒ずみを作ってしまう事につながり、効果が出る以上に黒ずみが悪化してしまうのです。

また、イビサクリームを長い期間使えるようにと、ケチって少ししか使用しなかった場合も、イビサクリームの効果を実感できない原因になり、本来のイビサクリームの効果を発揮する事ができません。

そもそもイビサクリームの使用回数・頻度が少ない

イビサクリームの効果を実感できなかった方の中にはズボラで塗り忘れることが多い方や朝にだけ1回使っていただけの方など、イビサクリームの推奨している使用回数や使用頻度を守らず使用していた方がいました。

そういった人はイビサクリームの効果を十分に発揮する事ができずに残念ながら効果を実感できていなかったようです。

イビサクリームの効果を発揮させるためには、毎日きちんと使用する事はもちろん、できれば1日朝晩の2回使用していくことが大切です。

1日の使用回数が少なかったり、使用頻度が少なかったりするとイビサクリームの効果を十分に発揮する事ができないので、しっかりとサボらずイビサクリームを使用していくことで黒ずみケアを行っていきましょう!

短期間で効果の有無を判断していて即効性を求めすぎていた

イビサクリームを実際に使用して効果が無かったと言っている方の口コミをよく見てみると、1ヶ月もたたずして効果を判断していた方など、即効性に期待し過ぎていた結果、期待はずれとなって効果が無いと判断している方がおられました。

イビサクリームを使用して「効果が無かった!」と言っている方の多くは、このタイプの方が多く、即効性に期待し過ぎた結果1ヵ月以内で効果を実感できなかったからと解約・返品していた方が多かった印象です。

実際、イビサクリームを使用した方の口コミの中には1週間や2週間ほどで効果を実感できたというようなものもあり、そういった口コミを鵜呑みにしてイビサクリームの即効性に期待し過ぎていたのかもしれませんね。

イビサクリームは、肌の生まれ変わる期間でしっかりと使用していくことでその効果を実感する事ができます。

すくなくとも2ヶ月か3ヶ月以上は使用してみたうえでイビサクリームが効果的だったかどうかを判断していくようにしましょう!

\まずはイビサクリームを試してみる!/

-未分類

Copyright© 【イビサクリームの口コミ】デリケートゾーンの黒ずみに衝撃の効果? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.