【イビサクリームの口コミ】デリケートゾーンの黒ずみに衝撃の効果?

イビサクリームはデリケートゾーン用の薬用無添加黒ずみクリームですが、実際のところ効果はあるのか?イビサクリームの口コミ評価から美白効果や成分の安全性・効果的な使い方・最も安い価格で買う方法など黒ずみ解消のための情報をガイドします。やらせの口コミも沢山あるのか?必見です!

【イビサクリームの使い方】正しい使い方で効果的に黒ずみ対策可能?

更新日:

イビサクリームの効果的な使い方を検証!正しく使って黒ずみ対策!


イビサクリームはデリケートゾーン用に作られた黒ずみ対策クリームで、体の様々な部分に対して使用できますが、ただ適当に使用したら黒ずみが良くなるというわけではありません。

イビサクリームは正しい使い方で使用していくことで、初めて黒ずみに対する効果を発揮する事ができるのです。

口コミの中にはイビサクリームの効果を実感できなかったという悪い口コミもありましたが、そのほとんどが効果的な正しい使い方で使用せずに、間違った使い方で使用してしまっていた印象です。

間違った使い方でイビサクリームを使用していると、逆に肌にとって良くない場合もあり、効果を実感するどころか、むしろ使ったせいで黒ずみが悪化したり肌トラブルを引き起こしてしまったりする場合もあるので注意が必要なのです。

では、イビサクリームはどのように使用していくことで、安全で効果的に使用していくことができるのでしょうか??

ここではイビサクリームの効果を最大限に発揮するための、正しい使い方について詳しくご紹介していきます!

イビサクリームの正しい塗り方は?どこまで塗るの?


イビサクリームを使用していく上で、正しい塗り方で使用するのはとても大切なことで、塗り方が間違っていると本来の効果を十分に発揮する事ができません。

イビサクリームは、どこまでの範囲に塗るかや、どんな強さで塗っていくのかがとても重要です。

イビサクリームは、黒ずみが気になる部分よりも少し広めに使用して、肌に刺激を与えないように優しく塗っていくのが大切なのです。

黒ずんでいる部分だけに使用するだと、イビサクリームの本来の効果を発揮することはできず、少し広めに塗ることで全体的に患部のケアを行っていくことができるのです!

また、塗る強さについても、ゴシゴシと強くこすって塗っていると、肌を傷つけてしまい、その刺激が逆効果となって黒ずみを促進してしまう事にもつながってしまうので、優しく丁寧に塗って黒ずみをケアしていくようにしましょう。

ポイント使いでケチケチ使うのではなく、患部より少し広に塗れるように使用し、優しく丁寧に使っていくことが大切なのです。

部位によって違うイビサクリームの塗り方のコツ


イビサクリームはデリケートゾーン用に作られた黒ずみ対策クリームですが、顔や肘膝、乳首などの体の様々な部位に対しても使用していくことができます。

ですが、体の各部位によって黒ずみの原因や対策法が多少異なるうえに、肌の薄さも違う事から、イビサクリームの塗り方には各部位にあった塗り方のコツがあります。

例えば、肘膝などの皮膚が厚い部分には、たっぷり使用して乾燥や摩擦からしっかり保護する事が重要です。

そして、顔や乳首のような肌が薄くて敏感な部分に関しては、塗り方は優しく、刺激を与えないように使用していく必要があるのです。

皮膚が薄い部分は、刺激に敏感で、黒ずみができやすいうえに肌トラブルを引き起こしやすい部位ですので、特に優しくイビサクリームを使用して黒ずみケアを行っていくようにしましょう。

デリケートゾーンの黒ずみに対するイビサクリームの正しい塗り方


イビサクリームはデリケートゾーン用に作られた黒ずみクリームという事もあり、デリケートゾーンの黒ずみに対して総合的に働きかけてくれるように作られていますが、デリケートゾーンのような敏感な部分には、特に優しく丁寧に使用していく必要があります。

刺激を過度に与えてしまわないように優しく塗ることは特に重要で、いくらデリケートゾーン用に作られた黒ずみクリームだとしても、ゴシゴシと強く塗ってしまうと、患部に刺激を与え過ぎてしまい、その刺激が原因となって肌ではメラニンが過剰に発生してしまいます。

メラニンが過剰に発生してしまうと黒ずみ発生を促進させてしまいますので、イビサクリームを正しい使い方で使用して、効果的に黒ずみケアを行っていけるように、デリケートゾーンは特に優しく、丁寧に塗るように心がけて行きましょう!

\正しい塗り方でイビサクリームを試してみる/

イビサクリームの使用量の目安は?足りないと逆効果!?


イビサクリームは使う際の使用量も重要で、ケチケチ使っていると黒ずみを予防するために必要な働きが不足してしまい、あまり黒ずみに対して有効とはなりません。

イビサクリームの公式サイトによると、使用量は「くすみの気になる部分より1㎝ほど大きく」と書かれていますが、患部より少し広めに塗れる量を塗る必要があるようです。

大体の目安ですが、脇の黒ずみに使用する場合は、1円玉大くらいの量で良いでしょうし、肘や膝などで少しの部分しか黒ずんでいない場合はもう少し少なめでも良いかもしれません。

デリケートゾーンの黒ずみに関しては、黒ずみの大きさに個人差がでてくる印象ですので、1度塗ってみて、足らなさそうであればもう一度追加で塗るなどして工夫していくとよいでしょう。

何度か使用していくうちに、自分にとって適量と感じる量が分かってくると思いますので、失敗しないためには初めは少し多めで使用する方が良いかもしれませんね!

イビサクリームを使うベストなタイミングと得られる効果!


イビサクリームは、使う量や塗り方だけでなく、使う頻度やタイミングによっても得られる効果に差がでてきます。

イビサクリームは朝と夜の2回に使用するのが最も効率よく黒ずみをケアしていける方法になりますが、その朝と夜では黒ずみに対しての働きが少し違うので、各タイミングでのイビサクリームの働きをしっかり理解したうえで使用していく事で効率よく黒ずみケアをしていくことができるのです。

では、具体的には朝と夜ではどのような働きに期待できるのでしょうか?

各タイミングで使用した場合に期待できる働きについても詳しくご紹介していきたいと思います。

イビサクリームを朝に使うと摩擦・刺激から守ってくれる効果が!

イビサクリームは、朝に使うと、その日1日で受けるダメージから患部を守り、黒ずみができにくくしてくれる働きに期待できます。

イビサクリームには保湿効果とメラニンの発生を防ぐ働きがあるため、患部をしっかり保護していくとともに黒ずみの原因であるメラニンを防いで黒ずみをできにくくしてくれるのです。

黒ずみは、下着との摩擦や締め付けによって肌がダメージを受けてしまい、それによってメラニンが発生する事で引き起こされている場合が多いので、イビサクリームを朝に塗ることで、肌を保湿し、メラニンを抑制していくことで効果的に黒ずみ予防をしていくことができるというわけです。

朝にイビサクリームを使用する場合は、シャワーの後などにべたべたになり過ぎない量を使用していくことで効果的に使用していくことができるので、朝起きたらイビサクリームを塗るのを忘れないように気をつけて行きながら、イビサクリームを使うのを習慣化できるように心がけて行きましょう!

毎朝起きたらイビサクリーム!塗り忘れに注意して効率よく黒ずみケアしていきましょう。

イビサクリームを夜に使うとメラニン排除効果が?ケアの黄金時間!

イビサクリームを夜に使用すると、肌の新陳代謝を高める働きによって黒ずんでしまった皮膚の排出を高める働きがあります。

夜は黒ずみケアのゴールデンタイム。

メラニン発生を抑制しながら排出もサポートして効率よく黒ずみケアを行っていけるというわけです。

夜お風呂から出たら、患部をしっかりと拭いた後にすぐさまイビサクリームを使って、このゴールデンタイムに備えましょう!

イビサクリームは、この朝と夜の2回のタイミングで使用していくことで、「黒ずみの予防」と「黒ずみの排出をサポート」を効率よく行って黒ずみケアをしていくことができます。

ですので、1日中しっかりと黒ずみケアを行って効率よくイビサクリームを使っていけるようにするためにも、イビサクリームは朝晩しっかりつかっていくように心がけていきましょうね!

イビサクリームはトイレの後にも使うと効果的!?


また、イビサクリームを朝晩に使用する以外にも、トイレへ行くタイミングでも使用していくことで効率よくイビサクリームを使用していくことは可能です。

トイレに行くと、せっかくデリケートゾーンに塗ってしまったイビサクリームが取れてしまう心配もありますので、イビサクリームをトイレのたびに使用することで、より効率よく黒ずみケアを行っていくことができるのです。

トイレの際にイビサクリームを使用する場合は、ウォシュレットなどで患部をしっかり流し、拭いた後にイビサクリームを使用します。

この時に患部が汚れたままや濡れたままになっていると、衛生的に良くないですので、きちんと洗い、水分をふき取るようにしましょう!

塗る量としてはあまり沢山塗る必要はないように感じますが、塗り方については、あくまでも優しく。

刺激を与え過ぎないように注意しながら使用していくとよいでしょう。

イビサクリームをトイレに置いておくと便利!

デリケートゾーンの黒ずみをケアする場合には、トイレでもいつでも黒ずみケアを行えるように、トイレにイビサクリームを置いておくのも効果的に黒ずみ対策していく上では便利なのでおすすめです。

ただ、1つしかイビサクリームを持っていない場合は、逆に不便になってしまう場合もあるため、2つ以上持っている方限定にはなってしまいますが…。

私の場合はまとめ買いで購入していたので、トイレにもイビサクリームを1つ置いて黒ずみケアをしていました。

可能な方は是非ともトイレでも使用していけるように、トイレにイビサクリームを置いて黒ずみケアしてみてください。

イビサクリームは脱毛・ムダ毛処理時の黒ずみケアに使えるの?


脱毛やムダ毛処理の際に加わる肌ダメージによっても黒ずみができてしまう場合がありますが、イビサクリームは脱毛やムダ毛処理の際に使用することでに、処理によって受けるダメージから肌を守り黒ずみができるのを予防・対策していくことができます。

女性にとって脱毛やムダ毛処理による刺激は、日常的に受ける避けられない刺激です…。

「黒ずみができるのが嫌だったら脱毛しなければいい」なんて言われても、そうはいかないのではないでしょうか?

イビサクリームは、脱毛やムダ毛処理で受けるダメージによってメラニンが発生するのを防ぐ働きがあるため、脱毛やムダ毛処理を行う際にイビサクリームでケアしていくことで、黒ずみを効率よく予防していくことができるというわけです。

ですので、脱毛やムダ毛処理を行う際にもイビサクリームを使用して、黒ずみができるのをしっかりと予防していくようにしていきたいところです!

イビサクリームは脱毛・ムダ毛処理の前後に使うと効果的!

イビサクリームを脱毛やムダ毛処理の際に使用する場合には、脱毛やムダ毛処理を行う前と、処理し終わった後に使用していくことで、効率よく黒ずみケアを行っていけるでしょう。

脱毛やムダ毛処理の前に使用しておくことで、事前にメラニンが発生するのを防ぐ準備をすることができますし、脱毛やムダ毛処理後に使用することで、ダメージを負った肌を保湿して守るとともにメラニン発生を抑制していくことで、しっかり効率よく黒ずみケアしていくことができるというわけです。

脱毛やムダ毛処理によるダメージでできる黒ずみに対してもイビサクリームで、効率よく・効果的に黒ずみケアしていくことで、綺麗なお肌を手に入れ、維持していきましょう!

\イビサクリームで黒ずみケアを始める!/

イビサクリームを他の化粧品などと併用する使い方はどうなの?


イビサクリームで黒ずみケアを行う時に、他の黒ずみケア製品との併用しても良いのかは気になるところ。

実際のところイビサクリームとその他の黒ずみケア製品や化粧水などと併用していくと、効果的に黒ずみケアを行っていくことはできるのでしょうか?

実は、イビサクリームは、他の製品とも併用して黒ずみケアを起こなっても問題はなく、その他の黒ずみケア製品や化粧水などと併用して使用していくことができます。

場合によっては併用することで、より効果的に黒ずみケアを行っていける場合もあるので、ここでは、そんなイビサクリームと他製品との併用についてや、効果的にイビサクリームを使っていくことができるちょっとしたコツなどについてもご紹介していきたいと思います。

イビサクリームは他の黒ずみケア製品や化粧水と一緒に使うと効果的!

イビサクリームを使用する前に化粧水を使用したり、他の黒ずみケア製品と併用していくことで、より効果的に黒ずみケアしていくことができる場合があります。

イビサクリームを使用する前に化粧水で保湿し、肌を整えることによって、肌を守る効果がアップする事や、イビサクリームの有効成分の働きを引き出す事ができる場合があるのです。

また、今まで他の黒ずみケア製品を使って黒ずみケアをしていた場合は、そのケア製品も併用して使っていくことで効率よく黒ずみを予防・改善する事ができるかもしれません。

ただ、イビサクリームは肌に優しい処方で作られているため比較的安全に使用できますが、その他の製品によっては成分同士の相性が悪く、あまり効果を実感できなかったり、場合によっては逆効果になってしまう場合もあるので、注意は必要です。

もしも他の黒ずみケア製品と一緒に使用する場合は、しっかりとパッチテストを行ったうえで、安全と分かってから使用するのがおすすめです。

化粧水やそのほかの黒ずみケア商品と併用してイビサクリームを使う事で、イビサクリーム単体で使うよりも効率よく黒ずみケアを行っていけるようにしていきたいところですね。

イビサクリームはラップパックをすると効果的に使っていける!?

また、イビサクリームの効果を上げるために、ラップなどでパックして使用していくと黒ずみに対して効果的と考える人もいるかもしれませんが、イビサクリームをラップパックで併用して使用するのは良いことだと思います。

ラップでパックし成分をしっかり保持することで、肌を効果的に保湿し、有効成分の働きも最大限に高めて使用していくことができるでしょう。

ただ、使い方には注意が必要で、いくら黒ずみを早く治したいからと、下着にイビサクリームがついて取れないようにパックしたまま下着を履くなどして使用していくのはおすすめできません。

逆に蒸れたり刺激を与えることにつながってしまいますので、パックするのであれば夜寝る前に数分間だけパックするなどして、スペシャルケア的な使い方で使用していくのが良いでしょう。

イビサクリームは「2度塗り」がおすすめ!


イビサクリームは、使用量が少ないと効果を実感できないことがあるので、足らないという事を防ぐ意味でも塗り方としては2度塗りして適量を塗り込んでいくことがおすすめです。

2度塗りすることで、使用量が足らないという事や多すぎてべたつく事を防ぐことができますし、しっかりと必要量を使用していくことができるでしょう。

イビサクリームはできるだけ沢山使用して、早く黒ずみを改善していきたいところですが、沢山使うとべたついてしまうので、2回に分けて塗ったり、1度塗った後にもう少し塗れそうならプラスで2回分塗ったりするなどしていくことで効果的に使用していくことができるのです。

ぜひイビサクリームを使用する際には、ケチケチ使いで効果を実感できなかったり、たっぷり使いすぎてべたついて使用感が悪くなってしまったりしないように、2度塗りして適量を見極めるとともに効率よく黒ずみケアしていけるようにしていってくださいね!

\イビサクリームで効率よく黒ずみケアしてみる!/

イビサクリームを間違った使い方で使った時のデメリットは?

イビサクリームは正しく使用していくことで、効果的に黒ずみケアを行っていくことができますが、間違った使い方をしてしまうと効果を実感できなくなるだけでなく、場合によってはデメリットが発生してきてしまいまう場合があります。

イビサクリームを間違った使い方で使用した際に考えられるデメリットとしては「肌荒れや出来物などの肌トラブル」「体調が悪くなる」「使用感が極端に悪くなる」という事が考えられます。

保存方法が悪くて品質が劣化したり、塗り方が悪くて肌にダメージを与えてしまう使い方をしてしまったりしてしまうと肌荒れや出来物ができるのを促してしまう可能性があります。

また、粘膜付近や口周りなどの体内に入ってしまう可能性のある場所に使用する場合には注意が必要で、もしも沢山の量を体内に取り込んでしまった場合には体調不良などを起こしてしまう事も考えられます。

そして使用量を間違えてしまった場合にもデメリットはでてきてしまい、べたついたりぶれたりしてしまう場合があるため、使用感が極端に悪くなってしまう事があります。

イビサクリームは、正しい使い方で使用していくことで黒ずみを効果的かつ効率よくケアしていくことができますので、間違った使い方で使って失敗してしまわないように、しっかりと正しい使い方を意識しながら使用して、効果的に黒ずみケアしていけるようにしていきましょう!

\イビサクリームを正しい使い方で効果的に試す!/

-未分類

Copyright© 【イビサクリームの口コミ】デリケートゾーンの黒ずみに衝撃の効果? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.